お客さまの声

ゆっくり大きくなってね

先日、待ちに待ったプスプスが届きました。

宅配の方が巨大な箱を台車に載せている様子をインターホンのカメラで見て、思わず「はう!」と喜びの声が(≧▽≦)

箱にセンス良く印字された「Tokyo Ubaguruma」の文字に見とれ、しばらくおかしなテンションに!
ひとしきり小躍りしたあとテープをはぎ、箱を開けて、「おお・・・!」と感嘆。

意気揚々と組み立て、るんるんで2か月になった娘を乗せ、 「ああ~ん! かわゆいっ!」と叫びました。

この狭小住宅の中で、娘を乗せたプスプスは神々しく輝いて見えました・・・!
「あなたにぴったりだね~。ゆっくり大きくなってね~」
プスプスをゆらゆらさせながら娘に話しかけて・・・ふと、涙がぽろぽろこぼれました。

悪気なんか全くなく、親として普通の願いだとは思いますが、上の子二人には、「早く大きくなってね~」とか「早く○○できるようになったらいいね」とか、「早く」という言葉ばかりで、「ゆっくり大きくなって」なんてやさしい言葉を使ったことはありませんでした。

自分で自分の言葉に感動してしまったのです。
娘にかけた言葉は最上級に愛にあふれた言葉だと感じました。

今までの子育ては、「何とかやれている。というか、朝から夜寝かしつけるまで私一人でやっていることがほとんどだし、うまくやれている方だ。きっと!」と思っていましたが、心にはあまり余裕がなかったのかもしれません。

「私の好みで強引に高い買い物しちゃったな」と届くまでの間は少し負い目に感じていましたが、子育てに追われていた私が、プスプスを使うことで「ゆっくり大きくなって」と自然に言えるような心の余裕が生まれた今、負い目とは全く思わなくなりました。 これからは子育てを思いきり楽しめそうです!(^_^)

届いた喜びと、この感動を誰かに伝えたく、長文になってしまいました。 読んでくださった方、ありがとうございました。m( _ _ )m

(ミクシーの「東京乳母車 プスプス」より)

(2016年4 広島県 Mさん