プスプス・クリーニング 2

投稿日: カテゴリー: ブログ

先日のプスプス・クリーニングが終わりました。

飲食店を経営される方が10年ほどお店に置いて、お子様たちをお育てになった歴史あるプスプス。

それをご親戚の方が譲り受け、新しく生まれれる赤ちゃんのためにクリーニングとメンテナンスをご依頼になったのです。

正直あまりの汚れになんと申し上げて良いか迷いましたが、バスケットを新品にしていただけば、後はどこまできれいになるかやってみようということになりました。

 

台車部分は全部分解して部品を丸洗い。

すると手は真っ黒になりましたが、台車もハンドルも新品同様に。

車輪もやはり分解して磨きました。

これは一度目のクリーニング。

再度念入りに磨くとこんなふう。

これで出来上がり!

新しい幌を付けたら、きっと赤ちゃんも喜んでくださるでしょう。

 

古く汚くなったプスプスを再生することは実はとても大変。

それでも、これは大丈夫か?というほどのものが見違えるようにきれいになると、単純に嬉しい。

さらに、「これがあのプスプス?」ってびっくりしてくらたらもっと嬉しい!

 

新しくなったプスプスから、新たにたくさんの楽しい思い出が生まれますように。

それはもっともっと嬉しいことですから。