コミュニケーションが生まれること

赤ちゃんの成長に大切な、人とのコミュニケーション。乳母車なら、押しているママやパパとはもちろん、道行く人たちとも笑顔のやりとりがたくさん生まれます。

いつでもママのお顔が見えるから

視界が遮られてしまうベビーカーとは違い、乳母車は全方向への視界が開けているので、赤ちゃんは、いつでも大好きなママの姿が見えて安心できます。ママも赤ちゃんが何を見ているのかがわかり、嬉しそうな表情や好奇心いっぱいのお顔を見逃すこともありません。

赤ちゃんの笑顔が元気をくれる

乳母車を押していると、まわりの方が声をかけてくれて楽しくお散歩ができます――そんな声をよく聞きます。乳母車に乗った赤ちゃんはいつもご機嫌、見ているとまわりも幸せな気持ちになるのでしょう。自然と会話が生まれ、笑顔の連鎖が起こります。

たくさんの共有体験を

乳幼児期には、ママやパパと共有・共感しながら、子どもは学びを深めていきます。まだ言葉を話せない赤ちゃんも、まわりの人たちの表情や声、過ぎゆく景色から、赤ちゃんはたくさんのことを感じとっています。同じものを見て指差したりしながら、たくさんお話をしましょう。