ブログ

プスプスのメンテナンス

プスプスはかなり長持ちします。

だいたい一台のプスプスが3家族ぐらいを回っています。

これはプスプスを設計した当初からの私たちの思いである「粗大ゴミにならないものを作る」ということと、「喜びを繋いでいく」ということが、ユーザーさんに伝わっているのだと考えています。

 

実際お子さんが大きくなって使わなくなったプスプスには、お友達に貸し出されたり譲られたりして、たくさんの楽しい思い出が積み重ねられていると思うと、古くなって汚れたプスプスのメンテナンスやクリーニングをしていてもとても感慨深いものがあります。

バスケットの中の敷きマットの下には、忘れられた小さなおもちゃやシール、お菓子のくずなどがついていたりしますし、汚れた安全フェンスは赤ちゃんが噛んだであろう跡がついていたりしますが、それさえお子さんたちの毎日を想像させてくれて微笑ましく感じられます。

 

部品の交換、ブレーキなどの修理、バスケットの修理、クリーニングなどお問い合わせください。

その場でできるもの、2,3時間かかるもの、2,3日お預かりするものなどお見積もりをいたします。

遠方の方は写真をメールに添付してご相談ください。

 

今日はメルカリでプスプスを購入された方が修理にお見えになりましたが、お子さんが1歳半になってからの購入だったのでとても迷われたそう。それでも使ってみたらお子さんが大変喜んでくれたばかりか、外に出るとたくさんの人に声をかけられたり、親切にしていただいたと喜んでくださいました。

 

先日メンテナンスにいらした双子のお母さまも、

「子どもたちが6ヶ月になってからの購入でした。それまでは二人一緒に連れて外出することができず引きこもりになっていたのですが、プスプスが来てやっと外出できるようになりました!」

とたいへん喜んでくださいました。

 

子育ては喜びも大きいけれど現実は厳しいものですので、赤ちゃんとお母さんが楽で楽しく過ごせるようにすることが長続きの秘訣ではないでしょうか。なんといっても長続きさせなければならないのですから。