新幹線でもプスプス。

投稿日: カテゴリー: ブログ

ユーザーさんのインスタグラムから、目からウロコ!なお写真をシェアさせていただきます。

さて、これはどんな状況かお分かりになりますか?

最初、新幹線のデッキにプスプスを置いて、お嬢さんは座席に座っていたのですが、プスプスで寝たいといい出したので、台車からバスケットを離し、座席の後の隙間に置いてみたらぴったりだったのだそう!

その後はぐっすり眠るお嬢さんに時々目をやりながら、お母さまは座席でのんびり。

これは新幹線の一番後ろの座席だからできることでもありますが、プスプスで新幹線にお乗りになる方は、お子さんがぐずったりしてもいいように、デッキに近い席を予約されるといいようです。

また、目的地に着くまでの途中の駅で、左右どちらのドアが開くのかが分かっていると、デッキでプスプスを置く場所もおのずと決められるので、このユーザーさんはそこもちゃんとお調べになるそうです。

皆さま気使いを忘れず工夫を凝らして行動されていて、ほんとうに頭が下がります。

 

ちなみに、この方は駅で階段を使わなければならなくなった時、プスプスを分解して一人で運ぼうとしていたら、小学生の男の子二人とそのお母さまが手伝ってくださったそうです。

実は、このように皆さんが親切に手伝ってくださったというお話はたくさん頂いていて、世の中捨てたものではないな、と胸がじいんとします。

それもこれも、プスプスのユーザーさんたちのお人柄と気使いによるものなのでしょう。

もちろん赤ちゃんたちの可愛さも!